FC2ブログ
topimage

2020-02

(1/3)峠の釜飯@横川SA - 2009.01.09 Fri

初めて食べます。峠の釜飯ナイフ&フォーク


P1120798.jpg


車中ですのでおまたの上で撮影したのはご了承ください(゜∇ ゜)


P1120799.jpg


こんな可愛いお漬物セットも付いて900円キラキラ


P1120800.jpg


お弁当っていうのは中身が想定できるのに

開けるときドキドキワクワクハートしてしまうのよね(≧▽≦)


P1120801.jpg


キラキラジャ・・・ジャーン!!!キラキラ

味がしみた鶏肉と椎茸めっちゃウマーですえへ

その味がしみた下のご飯もめっちゃウマーです(笑)

最後のデザートにうずらの卵を食べて美味しく完食させていただきました(ΦωΦ)ふふふ・・・・
スポンサーサイト



● COMMENT ●

昨年の暮れに期間限定で東京駅で売ってました。
旨かったですね~。
人気駅弁なのも頷けます。
また東京駅で売らないかな~。
TB送ります。

▼ゴリ@七曲署さん▼

儲かっちゃって仕方ないでしょうね~(笑)

電車の中で食べるとなるとあの釜重くないですか??
ゴミ捨てるところもそうそうないでしょうし。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは

よくおぎのや行きましたよ!あんずと漬物が嬉しいですよね!

横川saと三芳paなら釜回収しているんですよ!

もちかえって釜ごと火にかけておこげつけて食べるのもおすすめです!(^3^)/

かわいい

おぎのやはいいけど、下のズボンの柄が気になるわ(´▽`)。

こんにちは

おぎのやの釜飯有名ですよね。物産展ではいつも長蛇の列。数年前旅先で初めて食べました。この前お正月に大宮ジャスコで売っていたのですが、あいにく都合が付かず諦めました。とっても美味しそうなので、次の機会に賭けます!

峠の釜飯・・・しいたけさえ入ってなければ・・・

▼鍵コメさま▼

お久しぶりです。コメントありがとうございます。

峠の釜飯は横川SAの上りのみで扱ってたと思います。
下りでは釜飯は食べられないのですよ。

うん、でも今はどうなっているのかわかりませんので
調べてから行ったほうがいいと思われます。

▼グレさん▼

わたしはあんずとわさび漬けが苦手です(-_-;)

特にあんずはしょっぱくてあたたかいものの上に果物がのってるのは
受け入れられません・・・(・Θ・;)アセアセ

▼るんちゃん▼

下のズボンはスノボーのウエアです(*´σー`)エヘヘ

▼ひろこさん▼

そんなに人気なんですか??知らなかったヽ( ̄□ ̄)ノ…

でもあの味なら納得です。
わたしは鶏肉のご飯のみでもオッケーです(笑)

▼じゅん吉さん▼

椎茸のぞいてもダメでつか??(。・д・)んんっ?

やっぱりコレですよ!

うぉ~、テンション上がる!
栗とアンズの甘みが最後にデザートとして楽しめるのも、おぎのやの釜飯ならではですわね。

それから、ヨコですが、今は横川SA上下線とも釜飯買えますよ。
下りのほうがだいぶ小さいですが、朝ごはんに釜飯っていうのもオススメです♪
しかしまぁ…食べたいです

▼いるまーれさん▼

(゜д゜)<あらやだ!
横川SA上下線とも買えるんですね??
わたしの得た情報はデマだったのでしょうか・・・(-_-;)

とにかく・・・
美味しかったのですべてヨシです(笑)

▼ひろこさん▼

いるまーれさんの最新情報で
横川SAの上下線とも買えるそうですよ(´▽`)

昔から横川SAは釜飯ののぼりがたくさんあるから目立ちますよね。
今度こそ見つかるといいですね(^^ゞ

どうでしょう?
シイタケ汁がどんだけ出てるかによります・・・

▼じゅん吉さん▼

そこまで出てないのでご安心を(^O^)/


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syuka69.blog110.fc2.com/tb.php/515-7892eef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『峠の釜めし』が東京駅で…

横川駅の『峠の釜めし』…非常に人気の高い駅弁である。 それが最近では東京駅でも買えるようになった模様。 東京駅新幹線中央乗換改札口付...

(1/4)バーゲン@水戸市 «  | BLOG TOP |  » (1/3)助屋@長野県中野市

プロフィール

しゅかりん☆

Author:しゅかりん☆
いばらぎじゃないよ!
い・ば・ら・きっ!
豚肉が好き
「NO PORK, NO LIFE」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア